アギュラープリアンプ全機種の特徴を解説!

BestOne編集部

2024年07月23日時点の最新価格で比較できます

ベース用のアンプやプリアンプ、エフェクターなどの機材を製作するアギュラーについてその特徴や評価、使用しているアーティスト、オンボードプリアンプとアウトボードプリアンプについて解説。オススメのプリアンプを紹介しています。

この記事に登場する専門家・担当者

ベース専門店・Geek IN Box代表 嵯峨駿介さん
ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら
企画·制作
オールアバウト Best One 編集部
株式会社オールアバウトのメディア事業部にて、いま買うべきおすすめの商品を紹介する情報サービスBest One(ベストワン)の企画制作をしています。家電やガジェット、生活雑貨等の調査・口コミ・実機検証レビューをはじめお得なセール情報まで、もっと簡単に比較できるサービスづくりを追及しています。
詳しくはこちら

本コンテンツは、オールアバウトBest One編集部の調査に基づいて、独自に制作されたものになります。また、コンテンツの内容やランキングは広告出稿等の有無に影響を受けることはありません。なお、記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

目次
アギュラーが作るベースプリアンプの特徴と評価
アギュラーの機材を使用しているアーティスト
プリアンプの種類
おすすめのオンボードプリアンプ
おすすめのアウトボードプリアンプ
アギュラーのプリアンプを搭載したヘッドアンプ
この記事に登場した専門家

アギュラーが作るベースプリアンプの特徴と評価

ベース専門店・Geek IN Box代表 嵯峨駿介さん
ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
アギュラーは元々は高品位なアンプメーカーとして高く評価されていましたが、近年はエフェクターやプリアンプ、ピックアップを積極的に開発しています。

その中で、特にベーシストの間で重宝されているのがプリアンプ、OBPシリーズです。2バンドのブーストのみのOBP-1、2バンドのブーストカット可能なOBP-2、3バンドのブーストカット、ミドルフリーケンシーの調整可能なモデルがOBP-3と、一通りのラインナップを揃えています。

アギュラーの機材を使用しているアーティスト

高品位なアギュラープリアンプはMayones、Mike Lull、Bacchusなどといった一流メーカーが手がける多くのベースに内臓されており、そのクオリティは非常に高く評価されています。

日野賢二さん、櫻井哲夫さん、秋田ゴールドマンさんといったトッププロ達がアギュラー製品の愛用者として知られており、アーティスト、メーカー両方から多大な信頼を集めていることがわかりますね。

プリアンプの種類

オンボードプリアンプ

オンボードプリアンプとは、ベースに内蔵することを目的として設計されたプリアンプのことです。そのため、多くは9Vもしくは18Vのバッテリー駆動で、長い時間の使用ができるようになっており、イコライザーは2バンドもしくは3バンド、必要最小限まで機能が絞られたものがほとんどです。

最近ではバイパスした時と音量が変わらないように設計されているものも多く、無意味にゲインアップをするような製品は少ないです。例えばBartolini TCTシリーズやaguilar OBPシリーズはオンボードプリアンプと呼ばれるタイプです。

アウトボードプリアンプ

アウトボードプリアンプとは、オンボードプリアンプと区別して主にエフェクトペダルと同様のシャーシを採用したペダル型のプリアンプをさします。

特徴としてはバイパススイッチ、ドライブスイッチ、バランスアウトプットなどが挙げられ、オンボードプリアンプと比べると多機能でエフェクティブな使い方を想定していることが多いです。例えばMXR M-80やTECH21 SANSAMP BASS DRIVERなどはアウトボードプリアンプと呼ばれるタイプです。

おすすめのオンボードプリアンプ

aguilar OBP-1

アギュラーには主に3種類のオンボードプリアンプがラインナップされており、それらはOBPというシリーズ名がつけられています。OBP-1は3つの中で最もシンプルなモデルです。イコライザーは低音域(30Hz)と高音域(4kHz)のブーストのみの機能を持ち、ブースト幅は18dbと大きめです。

扱いづらく感じるかもしれませんが、実際に使ってみるとシンプルで用途が限られるだけ逆に扱いやすさを感じると思います。

AGUILAR OBP-1 オンボードプリアンプ

参考価格: 23,760
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月23日 09:49時点 rakuten.co.jp: 2024年7月15日 10:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月22日 10:21時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
タイプ ベース用オンボードプリアンプ
出力
25mm
奥行 15mm
高さ 25mm
重量
DI機能あり
ヘッドホンアンプ機能あり
歪み機能あり

aguilar OBP-2TK

OBP-1はブーストオンリーの2バンドイコライザーでしたが、OBP-2はブーストカットが可能な2バンドイコライザーです。周波数帯、ブースト量はわずかにアレンジされており、下が40Hzの18db、上が6.5kHzの16dbになっています。

OBP-1に比べて上の周波数が高くなっていますがこれはカットで使用することを考慮した為ではないかと思われます。ブーストしたときにはOBP-1よりも切れ味のあるシャープなサウンドになりやすいですね。

AGUILAR オンボード・プリアンプ OBP-2TK

参考価格: 34,372
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月23日 09:49時点 rakuten.co.jp: 2024年7月15日 10:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月22日 10:22時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
タイプ ベース用オンボードプリアンプ
出力
25mm
奥行 15mm
高さ 25mm
重量
DI機能あり
ヘッドホンアンプ機能あり
歪み機能あり

aguilar OBP-3TK/PP

アギュラーのオンボードプリアンプのなかで最もフレキシブルで多機能なのがOBP-3です。OBP-2にプラスしてミドルレンジのイコライザーが搭載された3バンドイコライザーで、ミドルの周波数は400Hzと800Hzで選択が可能。これは例えばミニスイッチにしてベース本体のコントロールの1つに追加することもできます。低域と高域の周波数帯、ブースト幅はOBP-2と同じです。

AGUILAR オンボード・プリアンプ OBP-3TK/PP

参考価格: 37,966
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月23日 10:00時点 rakuten.co.jp: 2024年7月15日 10:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月22日 10:22時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
タイプ ベース用オンボードプリアンプ
出力
25mm
奥行 15mm
高さ 25mm
重量
DI機能あり
ヘッドホンアンプ機能あり
歪み機能あり

おすすめのアウトボードプリアンプ

Aguilar TONE HAMMER

アギュラー唯一のアウトボードプリアンプとしてリリースされ、多くのベーシストに高く評価されているのがこちらのペダル型プリアンプ、TONE HAMMERです。ドルフリーケンシーコントロール付きの3バンドイコライザーとドライブモードを組み合わせた、ベース用プリアンプとしては必要十分な機能を持つ1台です。

ドライブモードは秀逸で、非常にアンプライクでピッキングにセンシティブに反応。ベーシストにとって使用頻度の高いエフェクトが2台分入っていてお得です。

AGUILAR TONE HAMMER

参考価格: 32,800
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月23日 10:00時点 rakuten.co.jp: 2021年3月22日 17:06時点 shopping.yahoo.co.jp: 2020年4月16日 07:53時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
タイプ ベース用プリアンプ/ダイレクトボックス
出力
奥行
高さ
重量 770g
DI機能あり
ヘッドホンアンプ機能あり
歪み機能あり

アギュラーのプリアンプを搭載したヘッドアンプ

AGUILAR Tone Hammer 500

好評を博しているアウトボードプリアンプ、TONE HAMMERとほぼ同様のプリアンプを持ちながらパワーアンプを追加した軽量パワフルな小型Dクラスアンプ。わずか2kgと超軽量な為ギグバッグのポケットに入るほど。このポータビリティの高さは徒歩移動のミュージシャンには非常にありがたいポイントですね。

AGUILAR Tone Hammer 500

参考価格: 149,600
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月23日 10:00時点 rakuten.co.jp: 2024年7月15日 09:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月22日 10:21時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
タイプ ベースアンプヘッド
出力 500W(4Ω)、250Wx2(8Ω)
273mm
奥行 216mm
高さ 70mm
重量 2.0kg
DI機能あり
ヘッドホンアンプ機能あり
歪み機能あり
近年、アギュラーは飛ぶ鳥を落とす勢いでベーシストの間に浸透しており、その中心にあるのはオンボードプリアンプOBPシリーズと、ペダル型アウトボードプリアンプTONE HAMMERです。これら2つはどちらも大きく評価されており、プロベーシストの採用率も非常に高い製品です。

また、アギュラーは元々ベースアンプで高く評価を受けていたメーカーのため、最後に紹介したTONE HAMMER 500を始めとして多くの優れたアンプをリリースしています。これらの製品はベーシストであればどれも一度は試しておきたいですね。

この記事に登場する専門家・担当者

ベース専門店・Geek IN Box代表 嵯峨駿介さん
ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら

※記事に掲載している商品の情報はBestOne編集部の調査結果に基づいたものになります。
※ランキングは、専門家による選び方のポイントや、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋上位商品、口コミ・検証・アンケート・価格情報等を参考にBestOne編集部にて順位付けしたものになります。
※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。

あなたにおすすめの記事
ベース・ベース周辺機器メーカー(ブランド)ランキング
もっと見る
関連記事