【2024】7インチタブレットのおすすめ19選|SIMフリーや高性能WiFiモデルも紹介

【2024】7インチタブレットのおすすめ19選|SIMフリーや高性能WiFiモデルも紹介

BestOne編集部

2024年07月20日時点の最新価格で比較できます

スマホより少し画面は大きく、それでいて携帯性に優れたデジタルデバイスとして人気の7インチタブレット。動画視聴はもちろん、読書などもデジタル派の方には非常におすすめのアイテムです。とはいえ今やタブレットを展開しているメーカーはAppleにGoogleにAmazonなど何社もあり、OSの種類、SIMフリーモデルとWi-Fiモデルはどう違うのかなどタブレット選びに悩んでいる方も多いかもしれません。今回はそんな7インチタブレットの選び方のポイントとともに、おすすめの7インチタブレットをランキング形式でご紹介しますので、購入予定の方はぜひチェックしてみてください。

企画·制作
オールアバウト Best One 編集部
株式会社オールアバウトのメディア事業部にて、いま買うべきおすすめの商品を紹介する情報サービスBest One(ベストワン)の企画制作をしています。家電やガジェット、生活雑貨等の調査・口コミ・実機検証レビューをはじめお得なセール情報まで、もっと簡単に比較できるサービスづくりを追及しています。
詳しくはこちら

本コンテンツは、オールアバウトBest One編集部の調査に基づいて、独自に制作されたものになります。また、コンテンツの内容やランキングは広告出稿等の有無に影響を受けることはありません。なお、記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

目次
7インチタブレットの特徴やメリットとは?
7インチタブレットの選び方
7インチタブレットの人気メーカー|Amazon、ASUS、NEC、HUAWEIの代表モデルを比較
7インチタブレットのおすすめ15選
7インチタブレット【子供向け】おすすめ4選
楽天市場の7インチタブレット売れ筋ランキング
まとめ

7インチタブレットの特徴やメリットとは?

7インチタブレットの特徴やメリットとは?大きさも解説
出典:Amazon.co.jp
まずは、コンパクトなサイズである7インチタブレットならではの特徴やメリットを確認しましょう。

7インチタブレットの大きさ

7インチタブレットの大きさは、スマホでも6インチを超えているモデルも多く(例:iPhone 12 Pro maxが6.7インチ)、スマホより一回り大きく、タブレットにして片手でも持つことができるほどで、持ち運びの良さが魅力のひとつです。
 
7インチタブレットの大きさをより具体的に説明すると、対角線が7インチに設計されているものを指し、センチメートルに直すとおよそ17.78cmとなります。タテヨコは9.0cm×15.0cm程度となり、これは身近なものでいえば文庫本と似たような大きさです。機種によって多少の誤差は生じますが、コンパクトサイズには変わりないと言えるでしょう。

7インチタブレットのメリット

7インチタブレットはコンパクトゆえに、カバンやランドセルなどにもすっぽり収まる収納力も高いです。更には、小型さゆえに、バッテリーの持ちが良く、長時間使えるモデルも多いといえます。持ち運びの良さ、収納力の高さを兼ね備えているため、インターネットの使用は7インチタブレット+(料金の安い)ガラケーで通話する方も多く、おすすめの使い方となっています。
 
YouTubeなどでの動画鑑賞をとことん楽しみたい方は、7インチタブレットより一回り大きい8インチタブレットという選択肢もありますが、スマホより大きい7インチタブレットでも十分、動画やゲームを大きな画面で楽しめるのではないでしょうか。
タブレットのおすすめ人気ランキング タブレットのおすすめ人気ランキング>>

7インチタブレットの選び方

7インチタブレットを選ぶ際は、OSや通信方法、解像度などさまざまな注目ポイントがあります。こちらの項目をチェックし、自分に合ったタブレット選びの参考にしてください。

OSで選ぶ

OS|Androidが主流!
OS(オペレーションシステム)は、タブレット全体をコントロールするシステムで、いわば「司令塔」です。7インチタブレットのOSは、主なものとして、

  • iOS(Apple(アップル)が出しているOS)
  • Android(Google(グーグル)が出しているOS)
  • Windows(Microsoft(マイクロソフト)が出しているOS)
  • FireOS(Amazon(アマゾン)がだしているOS)

があります。スマホ同様、例えばAndroidOSを搭載したタブレットは、Google(グーグル)だけでなく、ASUS(エイスース)や、NEC、Panasonic(パナソニック)などさまざまなメーカーから出ていることもあり、AndroidOSがタブレットに搭載されたOSでは主流といえるでしょう。搭載されているOSによって、まったく違うタブレットになるといっても過言ではなく、OSで7インチタブレットを選ぶことは、大きなポイントといえます。

Android(アンドロイド)

Android(アンドロイド)
出典:Amazon
Androidは、Google(グーグル)が開発、提供しているOSで、Apple(アップル)のiOSなどとは異なり、自由にオープンソースで無料提供、カスタマイズが可能なため、さまざまなメーカーからAndroid搭載タブレットが出ており、7インチタブレットでもほとんどがAndroidタブレットです。そのため、7インチタブレットでも最も選択肢のバリエーションが多いOSタブレットといえます。
 
Androidでは、OSがオープンソースなだけでなく、ダウンロードできるアプリの種類も多く(その代わり、iOSに比べるとややセキュリティが弱いともされています。)、公式のアプリストアである「Google Play ストア」以外にも、Web上からアプリを自由にダウンロードでき、アプリの豊富さが魅力です。
 
ただ、前述どおり、自由にカスタマイズができるOSのため、ややメーカーによって操作性が異なるため、同じAndroidタブレットを使用していても、機種変更をすると、メーカーが異なると操作感が変わってしまう場合があります。

Windows(ウィンドウズ)

Windows(ウィンドウズ)
出典:Amazon
Windowsは、Microsoft(マイクロソフト)が開発、提供しているOSで、パソコンでは圧倒的No,1のシェアを誇っています。Windowsタブレットの特徴としては、WordやExcelなどのofficeソフトがプレインストールされているモデルも多く、他にも、普段使用しているパソコンと共通ソフトで利用できるがほとんどのため、Windowsパソコンとの互換性が高い利点があります。
 
また、キーボードとマウスを接続すれば、ほぼパソコンと同様の使い方ができ、またキーボード、マウスを外してタブレットとしても使えるため、使用の多様性からもビジネスユーザーが特に使い勝手が良いといえます。大元、Microsoft(マイクロソフト)が出している高性能なsurface(サーフェス)シリーズから、ローコストのモデルまで、(Androidほどではありませんが)バリエーションが幅広いです。
Windowsタブレットのおすすめランキング Windowsタブレットのおすすめランキング>>

iOS(アイオーエス)

iOS(アイオーエス)
出典:Amazon
iOSは、Apple(アップル)が開発、提供しているOSで、iPadシリーズ専用の「iPad OS」がタブレット(iPad)には搭載されています。Apple(アップル)の場合、他社にOSを提供していないこともあり、タブレットではiPadシリーズのみとなっています。そのため、同じApple(アップル)のiPhone(スマホ)やパソコン(MacPC)と同期ができるサービスや機能も多く、操作性も統一されており、iPhoneやMacPCと相互利用が便利です。
 
iPadシリーズで、大きさやストレージが異なるラインナップくらいしかないため、選択肢の幅は狭いですが、説明書が要らないくらい直感的に操作ができる魅力もあり、タブレット全体の市場でも約6割がiPadと高いシェアを誇っています。アプリは、Apple(アップル)の厳しい審査に通過したのみアプリストア「App Store」にてダウンロード可能なため、Androidなどに比べると、バリエーションが少なくなりますが、セキュリティの安全度が高いです。
iPadおすすめ人気5モデルを比較 iPadおすすめ人気5モデルを比較>>

Fire OS(ファイアオーエス)

Fire OS(ファイアオーエス)
出典:Amazon
FireOSは、インターネットショッピングサイトの大手、Amazon(アマゾン)が開発、提供しているOSです。FireOSは、もともとAndroidを改良したOSのため、Androidタブレットと似た操作性だといえます。
 
FireOSタブレットの特徴は、他のOS搭載のタブレットと比べて安価なモデルも多く、お求めやすいと言えます。Google(グーグル)のアプリやサービスが使えなくされているという難点もありますが、学習用アプリ、ゲームアプリともにキッズ用アプリが充実しており、子ども用タブレットとして使える可愛らしい外観のキッズ用モデルの種類も多い点も特徴として挙げられます。

通信方法で選ぶ

Wi-Fiモデル
タブレットの通信方法は、Wi-FiモデルとSIMフリー(LTE)モデルに分けられます。それぞれの特徴やメリットなどをまとめているので、自分にはどちらのタイプが合っているかを確認しましょう。

Wi-Fiモデル

「Wi-Fiモデル」は、Wi-Fi環境下でないとインターネット通信ができないモデルですが、今では自宅の無線LAN以外にも、コンビニやカフェ、駅、学校などさまざまな場所に公衆Wi-Fiが張り巡らされており、よほどリアルタイムでネット通信をしなければならない方以外では十分ということもあり、「Wi-Fiのみのモデル」がタブレットのなかでは主流といえます。

SIMフリー(LTE)モデル

「SIMフリー(LTE)モデル」は、Wi-Fi環境下だけでなく、スマホのようにSIMカードを挿入することで、Wi-Fiがない環境でもインターネット通信が可能なモデルです。SIMカードは、スマホ同様、キャリア(ドコモなど)や格安SIMなどとSIMカードの契約をする必要があり、月額料金が発生します。リアルタイムに常時、インターネット通信が可能なため、ビジネス上での利用などリアルタイムで、メールやLINEなどをはじめとしたインターネット通信が必要な方におすすめです。

ストレージをチェック

ストレージ|アプリや動画・写真を多く保存する方は64GB以上がおすすめ
ストレージとは、タブレット内にどれくらいの保存ができる容量があるかということです。ストレージ容量は8GB程度のものから、256GBあるものくらいまで、価格と比例してさまざまなストレージ容量がありますが、OS自体やアプリをダウンロードしても容量を使うため、動画・写真を多く保存する方はやはり64GB以上あると安心といえます。
 
このようにさまざまなところでストレージは使用しているため、あまりにも余っているストレージが少ないと、保存ができないだけでなくフリーズしやすくなってしまいます。内部のストレージに保存をする方法以外にUSBメモリや外付けHDD/SSDを使う方法、インターネット経由のクラウド上に保存する方法もありますが、特にタブレットでは、USB端子の数も少なく、Wi-Fiモデルは場所によっては、インターネットが繋がらず、クラウド保存から取り出せないことを考えると、より長く使い続けることを考えている人は多めのストレージ容量がおすすめです。

メモリをチェック

メモリ|タブレットで作業をする方は少なくとも2GB以上のものを
メモリとは、よくストレージと混同しやすいのですが、まったく異なり、タブレットが1度に処理できる容量のこと、例えて言うなら机の広さのようなものです。つまり、机が広いほど、いろんなものを置けるため、例えば複数のアプリを立ち上げていても、動作が鈍らずサクサクと動くことができるというわけです。
 
パソコンほど同時に複数のアプリを立ち上げて使うことも少ないと思いますので、メモリ数は2GB以上あるもので十分といえます。もちろん複数の作業を同時にこなしたい方などは、なかにはパソコンに搭載している並の8GBあるモデルも存在します。メモリ数も価格に比例しますので、予算と自分のタブレットの使い方で決めていきましょう。

CPUをチェック

CPU|コア数とクロック周波数に注目
出典:Amazon.co.jp
CPUは「頭脳」ともいわれている通り、中央処理装置としてタブレットを動かすあらゆる動作に関わるもののため、スペックが高いほど処理能力があがり、フリーズしにくくサクサク動くようになります。ただ、上記のストレージやメモリも場合、単純に数値が上がるほどスペックも上がるため分かりやすいのですが、CPUはさまざまなアルファベット、数値が並んでいるため、選ぶ基準が分かりづらいところがあります。
 
iOS搭載のタブレットではApple(アップル)の「Apple A〇(数値が大きいほど性能が上がる)」のCPUとなっています。他のOS搭載タブレット(Android、Windowsなど)ではIntel(インテル)のCore i〇シリーズ、Celeronシリーズがトップシェアですが、近年は、Intel(インテル)より比較的安価なRyzenシリーズなどもシェアを伸ばしています。

コア数

コア数
出典:Amazon
コア数とは、CPU内部にある演算回路で、動作の制御を担当している場所のことです。コア数が多いほど同時に作業できる数が増えるため、処理能力が高くなり作業効率が上がります
 
標準モデルは4コア、ハイスペックモデルは8コアです。1つの作業しか行わないときは、コア数の多いものを使用していたとしても、1コアしか作動しません。しかし、もしも1コアのもので複数の作業をしようとすると、パソコンの動きが鈍くなり動作がとまってしまうこともあります。
 
調べものをしながら、Wordを使用するというような場合は4コアで十分です。ほとんどの場合は1コアから4コアで不自由なく使うことができますが、4コアで動きが鈍いと感じたら、コア数を増やすことをおすすめします。

クロック周波数

クロック周波数
出典:Amazon
クロックは、CPUが処理を同期させるために使われる信号のことをいいます。そしてクロック周波数とはCPUの処理速度、つまりタブレット端末の処理能力に影響してきます。クロック周波数が低いと動きが遅く、クロック周波数が高いと動きが早くなります。単位は「GHz(ギガヘルツ)」を用い、1秒間に計算できるクロック数を表しています。「GHz」が大きいほど、早く処理ができるということになります。
 
コストパフォーマンスを重視すると、1.2GHz以上のクロック周波数を持つものがおすすめで標準モデルは約1.33Ghzです。同じ時間内により多くの作業をこなし、さらに処理を早くしたいという方にはより高いクロック周波数である2.0GHz以上がおすすめです。
 
しかし、コア数を上げて、クロック周波数も高いものにしようと思うと、どうしても価格も高くなってしまいます。もしネットを見る程度ということであれば、クロック周波数の低い格安モデルでも満足できるでしょう。

解像度をチェック

解像度|コスパ重視ならWXGA、画質の良さにこだわるならWUXGA
解像度とは、タブレットディスプレイが表示可能な情報量のため、解像度が高いほどよりきめ細やかな画質を楽しめるということになります。

WXGA(1280×768)

7インチタブレットの解像度は、WXGAとWUXGAの2種類があり、1番多い解像度が1280×800のWXGAです。1280×800の単位はピクセルで、比率が1280×800の「ドット」で画面が構成されていると考えるとわかりやすいでしょう。
 
現代のディスプレイ画面に標準的な解像度のものとしてWXGAが使われていますが、WUXGAと比べると画質が劣ってしまいます。しかし、調べものや読書、SNSなど普段使いする分にはWXGAでも十分ストレスなく使っていただけます。
 
また、WXGA以上に画質を高くしようとすると、どうしても価格も高くなってしまいます。そのため、そこまで高画質であることにこだわりがなく、コストパフォーマンスを重視する方にはWXGAがおすすめです。

WUXGA(1680×1050)

WUXGAは1920X1200となっており、WXGA(1280×800)と比較をすると解像度が高いです。つまりWXGA よりも640×400ほどディスプレイ中の「ドット」が多く、密度が高いということになります。そのため、7インチタブレットでTVやYouTube動画、ゲーム画面などをより鮮明に高画質で見たいという方にはおすすめです。色鮮やかな動きのある画面も満足に楽しめます。 
 
しかしWUXGAはWXGAと比較をすると価格も高くなってしまいます。WXGAにするかWUXGAにするかで迷ったときはコストパフォーマンスを重視したいか、画質を重視したいかを考えてみることがおすすめです。自分がどちらに重きを置いているのかで決めましょう。コストパフォーマンスを重視する方はWXGAを、画質を重視する方はWUXGAということになります。

重量をチェック

重量をチェック
出典:Best One
持ち運んでタブレットを使用する方は、重量も大きなポイントとなっています。見た目は同じようでもモデル(メーカー)によって大きく重量が異なる場合もありますので、持ち運び性重視の方はより軽量なもののほうがおすすめです。7インチタブレットでは、250g~350g程度が標準的ですが、なかには軽量な200g前半台のモデルや、頑丈性などを重視した400g台、500g台のものも存在します。

防水機能をチェック

防水機能|キッチンやお風呂など水回りで使用する方はチェック
タブレットの中には、防水機能があるもの、ないものもあります。例えば、お風呂場で動画を楽しむ、キッチンでレシピサイトを見るなど水回りでよく使う場合や、営業の方など屋外で使用する機会が多い方は防水機能搭載モデルを選びましょう。
 
防水機能の基準は「IPX〇」(〇の数値が大きいほど防水機能が高く、防塵機能)、もしくは「IP●〇」(●の数値が高いほど、防塵機能が高く、〇の数値が大きいほど防水機能が高い。)です。
 
防水レベルだけで見ると、IPX2(垂直より左右15度以内からの降雨によって影響を受けないレベル)程度からIPX5(いかなる方向からの直接噴流によっても影響を受けないレベル)、最高レベルのPX8(水面下での使用も可能なレベル)まで防水機能ありといっても、さまざまなものがあるので使用用途によって必要な防水レベルを見極めましょう。

7インチタブレットの人気メーカー|Amazon、ASUS、NEC、HUAWEIの代表モデルを比較

7インチタブレットの人気メーカーとして、Amazon(アマゾン)、ASUS(エイスース)、NEC(エヌイーシー)、HUAWEI(ファーウェイ)の4つが挙げられます。それぞれのメーカーの特徴や販売されている7インチタブレットの代表モデルの比較表などを記載しているので、ぜひチェックしてみてください。

Amazon(アマゾン)

Amazon(アマゾン)
出典:Amazon.co.jp
Amazon(アマゾン)はインターネットショッピング最大手で、近年はタブレットをはじめ、スマートスピーカーなど自社開発製品も増えてきています。Amazonのタブレット(fireシリーズ)の特徴としては、まず1万円を切るモデルもあるなど安価で入手可能な点、また、キッズモデルのラインナップも多く、ブルーやピンクのような他にはあまり見かけないカラフルな可愛いモデルが多いなどが挙げられます。
 
アプリの種類は少ないものの、「Prime Music」などで音楽を聴く、「Kindle」などで本を読むなど、Amazon(アマゾン)が提供しているサービスとの親和性も高く、プライム会員の方などは使い勝手が良いです。fireシリーズは、7インチ、8インチ、10インチの3サイズしかなく、また、Wi-Fiのみモデルで、SIMフリー(LTE)モデルはありません。
 
【Amazonの比較対象モデル】
  Fire 7 Fire 7 キッズモデル
ストレージ 16GB 16GB
解像度 1024x600ピクセル 1024x600ピクセル
重量 282g 429g
主な機能や特徴 ペアレンタルコントロール、2GB RAM・2.0GHzクアッドコアプロセッサ搭載、ビデオ通話可能 Amazon Kids+1年間使い放題、2年間の限定保証、ペアレンタルコントロール、ペアレントダッシュボード、専用カバー付き

読書や映画鑑賞をするなら「Fire 7」

Amazonから販売されている「Fire 7」は、2022年に発売された7インチディスプレイのタブレットです。漫画やビジネス書などをスマホよりも大きな画面で楽しみたい方におすすめのモデル。7000円以下で購入できるのも嬉しいポイントです。

ASUS(エイスース)

ASUS(エイスース)
出典:Amazon.co.jp
ASUS(エイスース:華碩電脳股份有限公司)は、1989年に設立された台湾の家電メーカーで、ハイコストパフォーマンスのパソコンやスマホ、タブレット等ガシェットを製造、販売しており、世界的にシェアが拡大しています。部品製から本体まで自社で一本化して製造から開発まで行っているため、ハイスペックながら低価格での提供を実現しています。タブレットでは、Androidだけでなく、Windows、chromeOSまでOSだけでも幅広いラインナップがあることも魅力となっています。
 
【ASUSの比較対象モデル】
  NEXUS7-32G ME173-WH16 ME571-16G
OS Andoroid Andoroid Android
ストレージ 32GB 16GB 16GB
メモリ 1GB 1GB 2GB
CPU クアッドコア クアッドコア
解像度 1280×800ピクセル 1920×1200ピクセル
重量 340g 302g 290g

解像度で選ぶなら「ME571-16G」

ASUSから販売されているNexus7(ME571-16G)は、1920x1200ピクセルと解像度が高く、画質にこだわる方におすすめです。しかし、ASUSの7インチタブレットは古いモデルが多いため、7インチというサイズにこだわりがない方は、下記の記事から新モデルをチェックしてみてください。
ASUSタブレットおすすめ ASUSタブレットおすすめ>>

NEC(エヌイーシー)

NEC(エヌイーシー)
出典:Amazon.co.jp
NEC(エヌイーシー)は、1899年創業の日本の家電メーカーで、パソコン市場においては、日本のパソコン創世記から支えている企業です。NECのパソコン、タブレットは「LAVIEシリーズとして、幅広く展開しており、タブレットでは、7インチから11インチ超えまで、さまざまなラインナップがあります。特徴としては、オールインワンのハイスペックモデルが多く、さまざまなアプリがプレインストールされており、タブレットが届いたその日から使うことができる親切設計が売りです。

HUAWEI(ファーウェイ)

HUAWEI(ファーウェイ)
出典:Amazon
HUAWEI(ファーウェイ)は、1987年仕正非(ジンセイヒ)によって設立された会社です。BATHの1社で中国の大手通信機器メーカーとして世界的にも知られています。CEOが輪番制など独自の経営方針を取り、進化し続けています。成長が著しく、スマートフォン関連などさまざまな事業を展開し、シェアを拡大。世界トップクラスの技術力を誇り、低価格から高価格な商品を提供しています。どなたでも安心して使え、手が届きやすいメーカーです。ファーウェイの7インチタブレットは、価格が安く、性能が高いコスパの良さが特徴的です。安くタブレットを手に入れたい方でもおすすめのメーカーとなります。

7インチタブレットのおすすめ15選

7インチタブレットのおすすめ15選を紹介します。それぞれスペックが違い、用途によって適しているタブレットが違います。最高峰の解像度、SIMフリーで使える、価格が安い、子供向けタブレットも紹介します。まずはだれがどのように使いたいかを想像した上で参考にしていただけると幸いです。

Amazon(アマゾン) 7インチディスプレイ NEW Fire 7

口コミ・レビュー総合評価
4.64
(11件)
参考価格: 8,980

ペアレンタルコントロール搭載で最大10時間バッテリー

バッテリーの持ちがよく、フル充電時に未使用のまま放置していた場合も3日で30%程しか減りません。Wi-Fiさえあれば使用できるため、山や海などでも本や動画を見ながらほっと一息つく時間になるでしょう。
またMicrosoftのOffice Mobileがダウンロード可能です。ちょっとした書類の作成や閲覧、編集に便利です。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月20日 17:34時点 rakuten.co.jp: 2024年7月11日 03:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月9日 21:56時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
OS Android 11 Go
通信方法
ストレージ 16GB
メモリ
CPU
解像度 1024x600ピクセル
防水性能 ×
重量 282g

Apple(アップル) iPad mini (第5世代) Wi-Fi + Cellular 64GB

参考価格: 48,898

バランスの良いタブレット

第5世代のiPad mini。Retinaディスプレイで2,048 x 1,536ピクセル解像度を誇る高画質なタブレットです。第1世代のApple Pencilにも対応しているため、イラストを描くことも可能です。8MP広角カメラを搭載しており、最大5倍のデジタルズームが可能なので、写真撮影も楽しむことができます。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月20日 17:34時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
OS iOS
通信方法 Wi-Fi
ストレージ 64GB
メモリ
CPU
解像度 2048x1536ピクセル
防水性能 ×
重量 308.2 g
型番:‎F3T7-B1

‎フィールドスリー タブレット 7インチ

参考価格: 26,597

Android12搭載の高性能Wi-Fiモデル

Android12を搭載した片手で持てるコンパクトな7インチタブレットで、269gと持ち運びやすく軽量です。IPSの鮮やかなパネルで見やすく電子書籍用や動画、音楽などがこれ1台で楽しめ、無線LAN搭載でWi-Fiにも対応。Bluetoothで周辺機器との接続も可能、バッテリー容量は2,800mAhと少なめですがType-CのUSB充電に対応しています。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月20日 17:34時点 rakuten.co.jp: 2024年7月11日 03:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月9日 21:56時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
OS Android12
通信方法 Wi-Fi
ストレージ 32GB
メモリ 3GB
CPU RK3566 4コア
解像度 1024×600ピクセル
防水性能 ×
重量 269g

HUAWEI(ファーウェイ) MediaPad T3

参考価格: 6,980

画面を2分割でき2つのアプリを操作できる

手に馴染みやすい曲線デザインのリアパネルを使ったタブレットで、薄くて軽量設計のため持ち運びも簡単に行えます。また、アルミニウム合金製のボディは、頑丈かつ耐久性も抜群です。大容量バッテリー搭載で充電頻度が少なくて済みます。子供がいる家庭でも安心なキッズモードも搭載で、使用時間の管理ができ便利です。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月20日 17:34時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月9日 21:55時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
OS Andoroid6.0
通信方法 Wi-Fi
ストレージ 16GB
メモリ 2GB
CPU クアッドコア
解像度 1024×600ピクセル
防水性能 ×
重量 250g
型番:P7

PRITOM 7インチ Android タブレット

参考価格: 7,499

美しい色合いの静止画や動画が楽しめる

安価ながらも、色の表現が美しく、どの角度からでもきれいに見えるIPSパネルを採用した7インチタブレットです。使いやすく高性能な2.0MPのフロントカメラと5.0MPのリアカメラ、目をいたわってくれるアイケアテクノロジーなどの人気スペックが揃っています。スタンドにもなるケース付きです。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月20日 17:34時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
OS Android
通信方法 Wi-Fi
ストレージ 32GB
メモリ 2GB
CPU
解像度
防水性能
重量 580g

‎MARVUE M8 7インチタブレット

参考価格: 7,999

小型で軽くて持ち運びやすい

「‎MARVUE M8」は、7インチのコンパクトなタブレットで持ち運びしやすく、サブ機としても優秀なタブレットです。android12を搭載し、最低限のカメラやアスペックも搭載。3000mAhのバッテリーで4時間ほど連続で利用でき、暗いところでも目に優しいダークモード機能も搭載しています。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月20日 17:33時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
OS Andoroid12
通信方法 Wi-Fi
ストレージ 32GB
メモリ 2GB
CPU A133 64位 Quad-core ARM CortexTM-A53
解像度 1024x600
防水性能 ×
重量 300g
型番:T7121

‎TRIPLTEK TRIPLTEK PRO 8GB

参考価格: 170,149

頑丈さが売りの7インチタブレット

ドローン愛好家におすすめのタブレットで、エアログレードのチタンとアルミニウム合金を使用して構築されたボディで、偶発的な落下や圧力、ホコリや2トンまでの耐水性など耐久性に優れています。高率的なプロセッサや、グラフィック3Dアプリなど、プロフェッショナル向けのスペックになっています。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月20日 17:34時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
OS
通信方法 Wi-Fi
ストレージ 128GB
メモリ 8GB
CPU OCTAコアプロセッサ
解像度
防水性能
重量 1.1kg

SKTSELECT 7.8インチ Nova Air

参考価格: 59,700

画像もテキストも見えやすい高解像度モデル

最新のePaperモジュールにより、カラーパフォーマンスがより向上した7.8インチタブレット。高解像度でテキストや画像を鮮明に映し出すので、電子書籍でも快適に読むことができます。通常の電子文書フォーマットに対応しており、PDFやePubなどが開ける点も注目すべきポイント。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月20日 17:33時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
OS Android11
通信方法 Wi-Fi
ストレージ 5GB
メモリ
CPU
解像度 468×624ピクセル
防水性能
重量
型番:NEXUS7-32G

ASUS(エイスース) Nexus 7(2012) TABLET

参考価格: 14,800

パワフルで頑丈な持ち運びに便利なモデル

2012年にGuugle Nexusブランドとして初めて発売された7インチのタブレット。持ち運びしやすいパワフルで頑丈な作りになっており、外出先でもタブレットを使用したい人におすすめです。120万画素のWebカメラ機能も搭載されており、幅広いシーンで鮮やかな写真を残せます。

超PayPay祭!ポイント最大23.5%戻ってくる!

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月20日 17:34時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月9日 21:55時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
OS Andoroid
通信方法 Wi-Fi
ストレージ 32GB
メモリ 1GB
CPU クアッドコア
解像度 1280×800ピクセル
防水性能 ×
重量 340g
型番:MT8166

Lenovo(レノボ) 7インチタブレット ワイドIPSパネル グレー

参考価格: 40,880

子ども用機能も搭載した薄型・軽量モデル

軽量かつ薄型で、持ち運びにも便利な7インチタブレットです。IPS液晶を搭載しているため、どの角度からも見ても鮮明で高画質。最大10時間駆動する大容量バッテリーも付いているので、外出先でも快適に使えます。アプリやゲームを楽しむのはもちろんのこと、数百冊の本が無料で読めたり、YouTube Kidsの動画を閲覧できたりもするので、子供の成長に役立てることも可能です。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月20日 17:33時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月9日 21:56時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
OS
通信方法
ストレージ
メモリ 32GB
CPU
解像度 1024x600ピクセル
防水性能
重量 237g
型番:ME173-WH16

ASUS(エイスース) ME173シリーズ TABLET

参考価格: 33,680

手のひらにのせられるほどの携帯しやすい軽さ

7インチの鮮やかなHD液晶ディスプレイを搭載したタブレットは、軽さがわずか302gしかなくスリムで持ち運びに便利。500万画素と120万画素のインカメラを搭載しており、写真撮影も楽しめます。10時間のバッテリー駆動が可能なため、一日中タブレットを使っても安心。高性能CPU搭載でスムーズな操作ができます。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月20日 17:34時点 rakuten.co.jp: 2024年7月11日 03:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月9日 21:55時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
OS Andoroid4.2
通信方法
ストレージ 16GB
メモリ 1GB
CPU クアッドコア
解像度
防水性能 ×
重量 302g

HUAWEI(ファーウェイ) SIMフリータブレット

参考価格: 9,800

軽量で持ち運びやすいSIMフリーモデル

2GBメモリーとクアッドコアCPUを搭載したSIMフリーモデルです。軽量・薄型のボディで、外出先への持ち運びも楽々。容量4100mAhのバッテリーと省エネ独自技術により、スリープ状態の場合で約18日間、連続通話をした場合で約28時間も電池が持ちます。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月20日 17:34時点 rakuten.co.jp: 2024年7月11日 03:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月9日 21:56時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
OS Android 6.0 Marshmallow
通信方法 LTE
ストレージ 16GB
メモリ 2GB
CPU クアッドコア
解像度 600×1024ピクセル
防水性能
重量 約488g
型番:ME571-16G

ASUS(エイスース) Nexus7(2013) TABLET

参考価格: 31,800

薄型ボディにIPS液晶やアウトカメラを搭載

バッグに収納しても邪魔になりにくいスリムで軽量のタブレット。薄型なのに機能性が高いのが魅力で、高精細なIPS液晶画面やアウトカメラなどが備わっています。高性能CPUを搭載しており、ネットの読み込みもスピーディーでストレスフリーな使い心地。背面カメラは500万画素で鮮やかな記録を残せます。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月20日 17:34時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月9日 21:56時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
OS Android4.3
通信方法 Wi-Fi
ストレージ 16GB
メモリ 2GB
CPU
解像度 1920×1200ピクセル
防水性能 ×
重量 290g

Apple(アップル) iPad mini 4

参考価格: 30,000

高性能で新品のように使用できるタブレット

Amazonにより整備された新品に近いタブレット。おしゃれなスペースグレーのカラーは、性別問わず使いやすいデザインです。非常に高性能で解像度はフルHDにも対応できるQXGA。またFaceTime HDやiSightカメラを搭載しており、1080pの動画や写真を色鮮やかに残せます。Touch IDセンサーも備わった使いやすいモデルです。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月20日 17:34時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
OS iOS
通信方法 Wi-Fi
ストレージ 16GB
メモリ
CPU
解像度 2048×1536ピクセル
防水性能 ×
重量 299g
型番:PC-TE507KAS

NEC(エヌイーシー) LAVIE Tab E

口コミ・レビュー総合評価
3.60
(10件)
参考価格: 23,800

動画視聴にちょうどいいコンパクトなサイズ

使い勝手のいい7インチタブレットを探している人におすすめのモデル。動画視聴やネットでの検索などがしやすいクアッドコアプロセッサーを搭載した、パフォーマンス性の高いタブレットです。色鮮やかなIPS液晶を採用したことでクリアな映像を実現。アウトカメラとインカメラ搭載で写真撮影も気軽に楽しめます。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月20日 17:34時点 rakuten.co.jp: 2024年7月11日 03:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月9日 21:56時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
OS Andoroid9.0
通信方法 Wi-Fi
ストレージ 32GB
メモリ 2GB
CPU クアッドコア
解像度 1024×600ピクセル
防水性能 ×
重量 236g

おすすめ商品の比較一覧表

紹介したおすすめ商品の価格や詳細情報などを比較しやすく一覧にまとめました。自分にぴったり合った商品選びの参考にしてください。
商品名 7インチディスプレイ NEW Fire 7 iPad mini (第5世代) Wi-Fi + Cellular 64GB タブレット 7インチ MediaPad T3 7インチ Android タブレット M8 7インチタブレット TRIPLTEK PRO 8GB 7.8インチ Nova Air Nexus 7(2012) TABLET 7インチタブレット ワイドIPSパネル グレー ME173シリーズ TABLET SIMフリータブレット Nexus7(2013) TABLET iPad mini 4 LAVIE Tab E
商品画像
Amazon(アマゾン)
Apple(アップル)
‎フィールドスリー
HUAWEI(ファーウェイ)
PRITOM
‎MARVUE
‎TRIPLTEK
SKTSELECT
ASUS(エイスース)
Lenovo(レノボ)
ASUS(エイスース)
HUAWEI(ファーウェイ)
ASUS(エイスース)
Apple(アップル)
NEC(エヌイーシー)
最安価格
特徴 ペアレンタルコントロール搭載で最大10時間バッテリー バランスの良いタブレット Android12搭載の高性能Wi-Fiモデル 画面を2分割でき2つのアプリを操作できる 美しい色合いの静止画や動画が楽しめる 小型で軽くて持ち運びやすい 頑丈さが売りの7インチタブレット 画像もテキストも見えやすい高解像度モデル パワフルで頑丈な持ち運びに便利なモデル 子ども用機能も搭載した薄型・軽量モデル 手のひらにのせられるほどの携帯しやすい軽さ 軽量で持ち運びやすいSIMフリーモデル 薄型ボディにIPS液晶やアウトカメラを搭載 高性能で新品のように使用できるタブレット 動画視聴にちょうどいいコンパクトなサイズ
OS Android 11 Go iOS Android12 Andoroid6.0 Android Andoroid12 Android11 Andoroid Andoroid4.2 Android 6.0 Marshmallow Android4.3 iOS Andoroid9.0
通信方法 Wi-Fi Wi-Fi Wi-Fi Wi-Fi Wi-Fi Wi-Fi Wi-Fi Wi-Fi LTE Wi-Fi Wi-Fi Wi-Fi
ストレージ 16GB 64GB 32GB 16GB 32GB 32GB 128GB 5GB 32GB 16GB 16GB 16GB 16GB 32GB
メモリ 3GB 2GB 2GB 2GB 8GB 1GB 32GB 1GB 2GB 2GB 2GB
CPU RK3566 4コア クアッドコア A133 64位 Quad-core ARM CortexTM-A53 OCTAコアプロセッサ クアッドコア クアッドコア クアッドコア クアッドコア
解像度 1024x600ピクセル 2048x1536ピクセル 1024×600ピクセル 1024×600ピクセル 1024x600 468×624ピクセル 1280×800ピクセル 1024x600ピクセル 600×1024ピクセル 1920×1200ピクセル 2048×1536ピクセル 1024×600ピクセル
防水性能 × × × × × × × × × ×
重量 282g 308.2 g 269g 250g 580g 300g 1.1kg 340g 237g 302g 約488g 290g 299g 236g

7インチタブレット【子供向け】おすすめ4選

子供向け用におすすめの7インチタブレットを紹介します。

WeTap キッズタブレット

参考価格: 8,699

ペアレンタルモードでしっかり管理

ポップなデザインのケースがかわいい、キッズタブレットです。カラーは5色から選べるので、お子さんの好きな色を選べます。ペアレンタルコントロールモードでは、端末の使用時間やインターネットの閲覧制限を設定することができ、お子さんに安心して使用させられます。Googleキッズスペースでは様々な子供向けコンテンツが展開されています。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月20日 17:34時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
OS Android11
通信方法 Wi-Fi
ストレージ 32GB
メモリ 2GB
CPU
解像度 1024×600
防水性能
重量 750g

Blackview Tab3 Kids

参考価格: 9,999

高性能なキッズタブレットを探している方に!

キッズタブレットの中でも、性能にこだわったモデルです。3歳から12歳までのお子さんに向けた製品です。4GBのメモリと32GBのストレージでストレスなく使用できます。画面分割やデュアルスピーカーにより、より楽しく便利に使えるようになっています。もちろん、ペアレンタルコントロール機能も入っており、webサイトやアプリの制限がかけられて安心。プレゼントにもぴったりです。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月20日 17:33時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
OS Android13
通信方法 Wi-Fi
ストレージ 32GB
メモリ 4GB
CPU
解像度 1024×600
防水性能
重量 670g
型番:‎CLF7062

‎velorim 子供用タブレット

参考価格: 13,653

遊びにも勉強にも!キッズ用タブレット

キッズが楽しく勉強したりクリエイティブな時間を過ごしたり、いろいろな使い方を叶えてくれる子ども仕様のタブレットです。Webページのフィルタリングやブルーライト低減機能なども付いているので、家族みんなが安心して使えます。また、衝撃に強いソフトシェル設計やお財布にやさしい価格も魅力です。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月20日 17:34時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
OS Android
通信方法 Wi-Fi
ストレージ 32GB
メモリ 2GB
CPU
解像度 1024×600
防水性能
重量 608g

Amazon(アマゾン) Fire 7 キッズモデル ブルー

参考価格: 13,980

キッズ用のコンテンツが1年使い放題

お子様の娯楽用、教育用としてタブレットを持たせるなら本商品がおすすめです。絵本や動画、漫画といった娯楽コンテンツに加えて、学習アプリなど数千種類のキッズコンテンツが1年間も使い放題になります。バッテリーの持ちも良く、移動時間や待ち時間が長いシーンでも、お子様が楽しい時間を過ごせます。利用時間の設定も可能で、使い過ぎが気になる場合は30分、1時間など適宜設定すると良いでしょう。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月20日 17:34時点 rakuten.co.jp: 2024年7月11日 03:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月9日 21:56時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
OS
通信方法 Wi-Fi
ストレージ 16GB
メモリ
CPU 2.0GHz 4コア
解像度 1024x600ピクセル
防水性能 ×
重量 429g

おすすめ商品の比較一覧表

紹介したおすすめ商品の価格や詳細情報などを比較しやすく一覧にまとめました。自分にぴったり合った商品選びの参考にしてください。
商品名 キッズタブレット Tab3 Kids 子供用タブレット Fire 7 キッズモデル ブルー
商品画像
WeTap
Blackview
‎velorim
Amazon(アマゾン)
最安価格
特徴 ペアレンタルモードでしっかり管理 高性能なキッズタブレットを探している方に! 遊びにも勉強にも!キッズ用タブレット キッズ用のコンテンツが1年使い放題
OS Android11 Android13 Android
通信方法 Wi-Fi Wi-Fi Wi-Fi Wi-Fi
ストレージ 32GB 32GB 32GB 16GB
メモリ 2GB 4GB 2GB
CPU 2.0GHz 4コア
解像度 1024×600 1024×600 1024×600 1024x600ピクセル
防水性能 ×
重量 750g 670g 608g 429g

楽天市場の7インチタブレット売れ筋ランキング

楽天で7インチタブレットの人気ランキングをみる 楽天で7インチタブレットの人気ランキングをみる>>

まとめ

7インチタブレットの選び方のポイントとおすすめ商品をランキング形式でご紹介しました。さまざまな用途に使いやすい汎用性の高い大きさでありながら、スマホ並みの持ち運びのしやすさで人気の7インチタブレット。メーカーもスペックもさまざまですのでポイントを押さえて自分に合った機種を選ぶことが大切です。
 
ぜひ本記事も参考にして、毎日に快適性や楽しさをもたらしてくれる最適な7インチタブレットを手に入れてください。
 

選び方のコツをもう一度チェック!

記事の中で解説した下記のポイントを参考に、気になる商品を比較して、自分に合ったものを見つけましょう。
7インチタブレットの選び方

※記事に掲載している商品の情報はBestOne編集部の調査結果に基づいたものになります。
※ランキングは、専門家による選び方のポイントや、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋上位商品、口コミ・検証・アンケート・価格情報等を参考にBestOne編集部にて順位付けしたものになります。
※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。

あなたにおすすめの記事