ピアノ補助ペダル(足台)のおすすめ人気ランキング4選|お子さんの身長に合わせて

ピアノ補助ペダル(足台)のおすすめ人気ランキング4選|お子さんの身長に合わせて

BestOne編集部

2024年07月21日時点の最新価格で比較できます

楽器の演奏練習は姿勢が大事です。姿勢がよくないと、注意力が散漫になってしまうことも。特にお子さんの場合は、椅子に座ると足が床につかないことがほとんどで、浮いた足がぷらぷら揺れていると、演奏に身が入りませんよね。そうした時に使って欲しいのが足台です。お子さんの演奏練習におすすめする足台の人気商品について紹介していきます。

企画·制作
オールアバウト Best One 編集部
株式会社オールアバウトのメディア事業部にて、いま買うべきおすすめの商品を紹介する情報サービスBest One(ベストワン)の企画制作をしています。家電やガジェット、生活雑貨等の調査・口コミ・実機検証レビューをはじめお得なセール情報まで、もっと簡単に比較できるサービスづくりを追及しています。
詳しくはこちら

本コンテンツは、オールアバウトBest One編集部の調査に基づいて、独自に制作されたものになります。また、コンテンツの内容やランキングは広告出稿等の有無に影響を受けることはありません。なお、記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

目次
失敗しない!これだけチェック!
足台の人気ランキング

失敗しない!これだけチェック!

ピアノ補助ペダルを選ぶうえで重要なのが、まず「高さ」をチェックすること。高さには、26cmや22cmなど、いくつか種類があり、それぞれ特徴が異なります。ここでは各高さの特徴や違い、どんな人におすすめなのかに関して解説するので、サイズに悩んでいるという方などは、ぜひチェックしてみてください。 
 

高さ|身長100cm前後なら26cm、身長120cm前後なら22cmを目安に

ピアノの補助ペダルとなっている足台は、一番高いもので26cmのものとなっています。26cmの足台は、主に身長100cmのお子さんが目安。ですが、身長が130cmを超えてくると、補助ペダル付きの足台は高すぎると感じるので、足台のみのものを選ぶとちょうどいい高さになります。

高さ調節|細かく微調整ができるものを

高さ調節|細かく微調整ができるものを
出典:Amazon.co.jp
座った状態で足台の高さがあっているかどうかを確認することができなくても、高さ調節ができる足台であれば、購入した後でも高さを変えて長く使い続けていくことができます。兄弟や姉妹で足台を使うという家庭もあるので、一つの足台だけ購入したいという方は、高さ調節のできるものを選んで購入しましょう。

つくり|幅があるものやスラント方式を取り入れたものなど演奏しやすいものを

持ち運びしやすいように軽量タイプのものが欲しいと考える方もいますが、補助ペダル付きの足台は、ペダルを踏む時動いてしまうことも。そのため、足が落ちないほどの幅があり、ペダルを踏んでもずれたりしないものを選びましょう。また、スラント方式のものであれば、ペダルもスムーズに踏めるので、演奏に集中しやすいですよ。

足台の人気ランキング

ここからは、ピアノ補助ペダルのおすすめ商品をランキング形式で紹介します。アルプスやPunkの人気モデルや、日本製モデル、安定感のあるタイプにも注目。ランキングは、本記事でお伝えした選び方のほか、Amazonや楽天市場などの大手通販サイトで人気の商品も参考にピックアップしました。スペック表にある重量やサイズの数値なども参考にして、使用目的に合った商品を見つけてみてください。 
 

Punk ピアノ補助ペダル キッズペダル

参考価格: 10,800

ピアノをはじめたばかりのお子さんに

ピアノ初心者というお子さんにおすすめのピアノ補助ペダルです。アップライトピアノや、グランドピアノ専用になっており、一番低い高さでは14cm、一番高いところでは20cmの高さとなっています。ペダルを踏んでも台座が動かないように重みもあるので、演奏中に台が動いて集中できないといったことも防げます。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月21日 23:46時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月17日 02:45時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
サイズ(幅×奥行、cm)
重量(kg) 5kg
高さ調節
足置き面の高さ(cm~cm) 14cm~28cm

アルプス 日本製ピアノ補助ペダル

参考価格: 21,667

ワンタッチで簡単に高さ調節

8段階にわけられたワンタッチ式の高さ調節機能がついた優れもの。1.5cm間隔で高さを変えることができ、ワンタッチ式なので何度も微調整する必要もありません。足を置いてちょうどいいという高さで止めておくことができ、身長が伸びた時にはまた高さの調整ができるので、小さなお子さんでも扱いやすくなっています。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月21日 23:47時点 rakuten.co.jp: 2024年6月30日 17:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月17日 02:45時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
サイズ(幅×奥行、cm)
重量(kg) 7kg
高さ調節
足置き面の高さ(cm~cm)
型番:P-33

ITOMASA ピアノ補助ペダル

口コミ・レビュー総合評価
4.43
(384件)
参考価格: 15,840

安定感◎、調整しやすい二条ねじ使用

ピアノ補助ペダルの両側に取り付けられているハンドルで、簡単に高低を調整することができます。ハンドルの回転数を減らすために、二条ねじを使用しているので、高低の調整をするために手間取ることもありません。子どもにも調整しやすく改良されているため、お子さんが一人で練習する時でも使いやすいのがうれしいですね。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月21日 23:47時点 rakuten.co.jp: 2024年6月30日 18:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2021年6月23日 10:27時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
サイズ(幅×奥行、cm)
重量(kg)
高さ調節
足置き面の高さ(cm~cm)

SYMPHA ピアノ補助ペダル ピアノ練習アシストペダル

参考価格: 7,980

抜群の安定感でペダルを踏む時も違和感なし

補助ペダルは、しっかりと踏んでペダルアクションを起こさなければいけません。力を入れた時に台座が動かないようにしっかり安定感を保ってくれるため、台座が動いで演奏を途中で止めるトラブルも防げます。高低さを変える稼働幅も大きいので、子どもが成長して身長が伸びたあとでも使い続けられるますよ。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月21日 23:48時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
サイズ(幅×奥行、cm) 38cm×35cm
重量(kg)
高さ調節
足置き面の高さ(cm~cm) 15~21cm

おすすめ商品の比較一覧表

紹介したおすすめ商品の価格や詳細情報などを比較しやすく一覧にまとめました。自分にぴったり合った商品選びの参考にしてください。
商品名 ピアノ補助ペダル ピアノ練習アシストペダル ピアノ補助ペダル 日本製ピアノ補助ペダル ピアノ補助ペダル キッズペダル
商品画像
SYMPHA
ITOMASA
アルプス
Punk
最安価格
特徴 抜群の安定感でペダルを踏む時も違和感なし 安定感◎、調整しやすい二条ねじ使用 ワンタッチで簡単に高さ調節 ピアノをはじめたばかりのお子さんに
サイズ(幅×奥行、cm) 38cm×35cm
重量(kg) 7kg 5kg
高さ調節
足置き面の高さ(cm~cm) 15~21cm 14cm~28cm
今回は足台の選び方や人気ランキングをご紹介しました。小さい頃からピアノの練習をお子さんにさせたい時に必須となる補助ペダル付きの足台は、演奏中の姿勢を正しいものにするためにも欠かせないアイテムです。記事を参考に、お子さんが演奏に集中できる足台を探してみてくださいね!

※記事に掲載している商品の情報はBestOne編集部の調査結果に基づいたものになります。
※ランキングは、専門家による選び方のポイントや、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋上位商品、口コミ・検証・アンケート・価格情報等を参考にBestOne編集部にて順位付けしたものになります。
※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。

あなたにおすすめの記事
ピアノ・電子ピアノメーカー(ブランド)ランキング
もっと見る