カヤックのおすすめ人気ランキング8選|分割式や折りたたみにも注目

カヤックのおすすめ人気ランキング8選|分割式や折りたたみにも注目

BestOne編集部

2024年07月12日時点の最新価格で比較できます

アウトドアレジャーのひとつとして人気を集めているカヤック。川や湖、海などのアクティビティを楽しもうと始める方が急増しています。とはいえ、いざカヤックを始めようと思っても、どんなカヤックを用意すればよいのか分からない方は多いはず。今回はカヤックの選び方のポイントをはじめ、おすすめをランキング形式でご紹介します。釣りに適したタイプや、折りたたみで持ち運びに便利なタイプなどにも注目したので参考にしてみてください。

企画·制作
オールアバウト Best One 編集部
株式会社オールアバウトのメディア事業部にて、いま買うべきおすすめの商品を紹介する情報サービスBest One(ベストワン)の企画制作をしています。家電やガジェット、生活雑貨等の調査・口コミ・実機検証レビューをはじめお得なセール情報まで、もっと簡単に比較できるサービスづくりを追及しています。
詳しくはこちら

本コンテンツは、オールアバウトBest One編集部の調査に基づいて、独自に制作されたものになります。また、コンテンツの内容やランキングは広告出稿等の有無に影響を受けることはありません。なお、記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

目次
カヤックとは
カヤックの選び方
カヤックのおすすめ人気ランキング8選
楽天市場のカヤック売れ筋ランキング
まとめ

カヤックとは

カヤックとは
カヤックとはカヌーの一種で、川や海で楽しむアクティビティです。船体のうち人が乗るコックピットの部分だけ切り抜かれた形状をしています。そのため、波や流れに強く、転覆しても船内に水が入りにくいのが特徴。カヤックは古くから移動や輸送に使われてきた歴史もあります。
 
カヤックと一口に言ってもさまざまな種類があり、使用目的によって細かな違いも。ご自身に最適なカヤックを見つけることで暖かい春や秋、真夏のレジャーも存分に楽しむことができます。

カヤックの選び方

カヤックを購入する前に、インフレータブルやレクリエーショナルといった自分に合った種類をチェックすることが大切ですが、サイズや素材、価格などをおさえておくのも、よりよい商品選びのポイント。ここでは、カヤックの選び方について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

種類で選ぶ

カヤックを選ぶうえで重要なのが、まず「種類」をチェックすること。カヤックの種類には、インフレータブルやレクリエーショナル、シットオントップなど、いくつか種類があり、それぞれ特徴が異なります。ここでは各カヤックの種類の特徴や違い、どんな人におすすめなのかに関して解説するので、自分に合ったシーンでカヤックを楽しみたいという方などは、ぜひチェックしてみてください。

コンパクトに収納できる「インフレータブルカヤック」

コンパクトに収納できる「インフレータブルカヤック」
出典:Amazon
インフレータブルカヤックは空気を入れて膨らますカヤックのこと。ダッキーと呼ばれるのも同じタイプです。空気を抜けばもちろんコンパクトに収納できます。メリットは他のカヤックと比較すると安いこと。安定性も抜群なので、初めてカヤックをする方、手軽にアクティビティを楽しみたい方におすすめと言えるでしょう。

適した場面は中流から下流域の川、流れの穏やかな海や湖にも。一方で水面から高さのある形状は風の影響を受けやすいため強風の場合は使用を控えましょう。

安定性が魅力の「レクリエーショナルカヤック」

安定性が魅力の「レクリエーショナルカヤック」
出典:楽天市場
レクリエーショナルカヤックは安定性に優れたタイプのカヤックです。初心者でも楽しめるため、誰でも扱いやすいと定評があります。緩やかな流れの川や湖、波の穏やかな湾内など、水上散歩をゆったりと楽しみたい方にぴったりです。一方で、回転性や機動性が必須の激流には不向きなので使用は避けましょう。

広いフィールドで穏やかな水の流れを楽しみたい方、ゆっくりと時間の流れに浸っていたい方は、こちらのタイプを検討してみてください。

フィッシング用にも使える「シットオントップカヤック」

フィッシング用にも使える「シットオントップカヤック」
出典:Amazon
シットオントップカヤックは名前にあるように、ボード上に座って漕ぐタイプのカヤックです。安定性が高く、転覆しにくい構造になっています。適した場面は湖や海の他、フィッシング用としても利用されることが多いです。船体の形状は一体型が主流ですが、2~3分割でき、運びやすさに特化したものもあります。
 
中でもフィッシングカヤックは砂浜などから気軽に出艇でき、浅場の岩礁での釣りも可能です。アクティビティ用のカヤックと比べてスペースが広めなので、クーラーボックスや釣り道具を乗せるのにも適しています。

組み立て式の「フォールディングカヤック」

組み立て式の「フォールディングカヤック」
出典:Amazon
フォールディングカヤックは折りたたみ式のカヤックのこと。ウッドやアルミ、FRP製のフレームを組み立てて使用します。慣れてくると30分もあれば組み立てられるようになります。大型バッグが付属されている商品が多く、かつげば電車での移動も可能です。適した場面は中流から下流域の川や湖、穏やかな海などが挙げられます。
 
ただし、フォールディングカヤックは強度がやや劣るため、岩にぶつかるような激流には不向きです。カヤックの底を擦るような場所も避けましょう。手軽に持ち運びたい方、穏やかな流れを楽しみたい方におすすめです。 

スピードがでやすい「シーカヤック」

スピードがでやすい「シーカヤック」
シーカヤックのシーは「海」を意味します。つまり海でのアクティビティに特化したカヤックのこと。ハードタイプで、全長が長く、幅が狭い形状で、波の中でもスピードがでやすい構造になっています。中には船尾にラダーと呼ばれる舵や底のフィンによって直進性に優れたモデルも。
 
内部に水が入らないように座る部分以外はすべてデッキで覆われているのも特徴です。海上散歩はもちろん、島間の移動など、マリンレジャーを楽しみたい方に適しています。

激流にも対応しやすい「リバーカヤック」

激流にも対応しやすい「リバーカヤック」
リバーカヤックとは名前にある通り川用にカスタマイズされたカヤックのこと。激流でも乗りこなせるように一体型の形状となっています。やや荒れている川の中でも動きやすい上、硬い岩にぶつかっても壊れにくいのが特徴です。ただし、全長はやや短めで、底が丸いことから回転性は劣ります。
 
そのため、初心者がいきなりリバーカヤックを乗りこなそうとしても難しいでしょう。安定性に関しても慣れるまで時間がかかるため、リバーカヤックは中級者から上級者におすすめです。

サイズをチェック

サイズをチェック
出典:Amazon
カヤックは商品によってサイズが異なります。大体3mを基準に、使うシーンで長いものか短いものかを選ぶのがポイントです。長いものは直進性が増す一方、回転性が減る傾向に。反対に短いものは回転性に優れていますが、スピード感では物足りなさを感じるかもしれません。そのため、直進性を重視するなら長いカヤック、小回り性能を重視するなら短いカヤックと、判断基準を設けておくとよいでしょう。
 
長さの他、カヤックの横幅についても必ずチェックを。目安は75cm程度。幅が広くなるほど安定性は高まりますが、水の抵抗を受けやすくなるので注意が必要です。どこのシーンで楽しむか、何人乗りのカヤックが必要かなどを考慮しながら選ぶのがポイントとなります。 

素材をチェック

素材をチェック
出典:Amazon
素材選びも大事なポイントのひとつ。商品によって使われている素材は異なりますが、多くがゴム・FRP・ポリエチレンのいずれかとなっています。ゴム素材のメリットは、浮力が大きく転覆にも強いこと。川下りにも適しており、岩などにぶつかっても衝撃を吸収してくれます。多気室タイプであれば、一か所が破れてもすぐに浸水してしまうリスクも少ないです。
 
FRPは軽量でスピードが乗りやすく、シーカヤックをメインに使用されています。ポリエチレンは衝撃や擦れに強いのが大きな利点。川やマリンレジャーに使うカヤックのビギナーモデルにも用いられています。ただし、FRPやポリエチレンは岩の角や川底などの鋭利な部分の衝撃には弱く、強く当たると割れたり穴が空いたりすることも。浸水による転覆の危険性もあるため注意が必要です。

価格をチェック

価格をチェック
カヤックの相場は5万から25万円程度です。高価なものは素材や造りにこだわっていますが、高いからといって万能とは限りません。自分の使い方に合っているかどうかが重要なポイントとなります。どんなシーンで使うかを定め、そこから予算を計算するのがよいでしょう。
 
初心者の場合は中古で選ぶという選択肢もあります。カヤックを始めるにあたり、ライフジャケットや漕ぐのに使うパドルも必要です。慣れるまでは中古の安いカヤックでも十分に楽しめます。

保管場所や運びやすさをふまえて選ぶ

保管場所や運びやすさをふまえて選ぶ
出典:Amazon
カヤックを購入する前にどこに保管するのか、スペースをきちんと確保しておきましょう。長いカヤックだと5mを超えるものもあります。屋外での保管は盗難の心配だけではなく、直射日光による劣化の恐れも。可能であれば屋根付きのガレージや家の中、陽射しや雨を凌げる倉庫があると安心です。集合住宅で保管場所がない場合は、レンタル倉庫も選択肢に入れておきましょう。
 
海までの移動を考えると持ち運びしやすいかどうかも大切です。車のルーフキャリアに載せる場合、「車の長さの1.1倍まで」という基準があるので、これを超えないよう注意が必要です。超える場合は許可申請を出さなくてはいけません。フォールディングタイプやインフレータブルタイプは移動もしやすいほか、保管の際もかさばりにくいためおすすめです。

カヤックのおすすめ人気ランキング8選

ここからは、カヤックのおすすめ商品をランキング形式で紹介します。キャプテンスタッグの人気モデルや、2人でアクティビティを楽しめるカヤック、コンパクトモデルにも注目。ランキングは、本記事でお伝えした選び方のほか、Amazonや楽天市場などの大手通販サイトで人気の商品も参考にピックアップしました。スペック表にあるタイプやサイズの数値なども参考にして、アクティビティを楽しめる商品を見つけてみてください。
型番:BE-312

AQUAMARINA Betta ベッタ カヤック インフレータブル 1人乗り

参考価格: 51,000

カヤック初心者でも組み立てやすい

本体とイスに空気を入れて固定し、組み立てる設計で、初心者にも扱いやすいカヤックです。シートは角度が調節できるので、長時間座っていても疲れません。また、排水用バルブが付いており、雨が降ってきても水を排出しながらこぎ続けられます。空気を抜けばコンパクトに収納できて、持ち運びが簡単になるのもうれしいポイントです。

年に1度のビッグセール!プライムデー先行セール開催中

超PayPay祭!ポイント最大23.5%戻ってくる!

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月12日 00:46時点 rakuten.co.jp: 2021年10月15日 15:42時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月3日 10:26時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
タイプ インフレータブル
サイズ 312×80cm
重量 9kg
耐荷重 95kg
定員 1人
型番:MC-1423

キャプテンスタッグ ポンプ付きカヤック

参考価格: 56,179

持ち運びに便利なキャリーバッグ付き

空気を抜いた状態であれば、専用のキャリーバッグに入れて簡単に持ち歩けます。船体が空気室となり、水の上で安定して浮かべる構造となっているため安心。大人から子供まで、幅広い年代で楽しめる設計です。専用のポンプを使えば短時間で組み立てられるので、初心者でも簡単に準備することができます。

年に1度のビッグセール!プライムデー先行セール開催中

超PayPay祭!ポイント最大23.5%戻ってくる!

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月12日 00:47時点 rakuten.co.jp: 2024年6月24日 17:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月3日 10:26時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
タイプ インフレータブル
サイズ -
重量 -
耐荷重
定員 2人
型番:68305

INTEX 1人乗りインフレータブルカヤック

参考価格: 13,500

初心者でも購入しやすい手ごろな価格が魅力

1人乗りの設計で値段も手ごろなので、カヤックを始めたばかりの初心者向けのカヤック。空気入れが10分程度で完了するので、組み立ても簡単です。空気を抜いた状態であればコンパクトに収納できるため、車の後部座席に積んで移動するのもOK。使っている最中に傷や穴を見つけたら、付属のパッチで修理しましょう。

年に1度のビッグセール!プライムデー先行セール開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月12日 00:47時点 rakuten.co.jp: 2024年6月24日 17:45時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
タイプ インフレータブル
サイズ 274×76×33cm
重量 11.8kg
耐荷重 100kg
定員 1人

雑貨の国のアリス カヤック

参考価格: 84,400

湖のアクティビティにぴったり

1人用カヤックを探している方におすすめ。湖上のアクティビティが楽しめます。漕ぎ手が座る部分以外はデッキに覆われており、浸水も防いでくれる優れものです。パドルホルダーがあり、未使用時は収納しておけます。飲み物を置けるホルダーも完備。収納に便利なキャリーバッグもあり、持ち運びの際も便利です。

年に1度のビッグセール!プライムデー先行セール開催中

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月12日 00:47時点 rakuten.co.jp: 2023年5月1日 17:17時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
タイプ フォールディング
サイズ 390×60×36cm
重量 18.56Kg
耐荷重 90Kg
定員 1人
型番:kayak12

SK-V シングルカヤック

参考価格: 41,980

海でも川でも楽しめるカヤック

海はもちろん、川でも楽しめるシングルカヤックです。カラーバリエーションは全部で7色。おしゃれなデザインも人気のポイントです。1人用ですが、座席部分は広々としており、大人の男性が座ってもゆとりのある造りに。浅瀬でのんびりと過ごしたい方にぴったりです。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
rakuten.co.jp: 2023年4月11日 14:19時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
タイプ レクリエーショナル
サイズ 271×77.5×24cm
重量 20Kg
耐荷重 130Kg
定員 1人
型番:68307NP

Intex エクスプローラー K2 カヤック

口コミ・レビュー総合評価
5.00
(6件)
参考価格: 21,680

デートや親子でのレジャーに最適!

耐荷重は160kgの2人用のスポーツシリーズボートです。恋人や夫婦、友人、親子など、2人でアクティビティを楽しみたい方におすすめ。厚手の生地を使用しているので、耐久性にも優れています。

オール2本と空気入れに欠かせないポンプ付きです。未使用時はコンパクトにたためるため、収納場所に困ることもありません。移動に便利な収納バッグも付属されています。

年に1度のビッグセール!プライムデー先行セール開催中

超PayPay祭!ポイント最大23.5%戻ってくる!

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月12日 00:47時点 rakuten.co.jp: 2024年6月24日 17:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月3日 10:26時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
タイプ シットオントップ
サイズ 312×91×51cm
重量 13.4Kg
耐荷重 160Kg
定員 2人

DISCOVERY タンデムカヤック

参考価格: 59,000

2~3人乗りのタンデムカヤック

複数でのアクティビティを楽しみたい方におすすめ。大人2人、もしくは大人2人と子ども1人が乗れるので、家族で川や海のレジャーを満喫できます。パドル2個とパドルリーシュ2個が付属されています。カヤックカートも付いているので浜辺や川沿いの移動も楽々。カラーやデザインのラインナップも非常に豊富です。

超PayPay祭!ポイント最大23.5%戻ってくる!

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
rakuten.co.jp: 2023年4月11日 14:12時点 shopping.yahoo.co.jp: 2023年5月1日 17:18時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
タイプ レクリエーショナル
サイズ 370×86×40cm
重量 32Kg
耐荷重 260Kg
定員 2~3人
型番:kayak-s-mix

ボート55 フィッシングカヤック Sherfe

参考価格: 46,000

釣り好きに嬉しいコンパクトカヤック

船外機マウントとアルミフレームシートが標準装備されたカヤックです。パドルやリーシュコード、ワンタッチ式ロッドホルダーなども付属されており、これがあればすぐに趣味の釣りに出掛けることができます。コンパクトサイズなのも魅力のポイント。軽自動車の車内にも積むことができます。カラーバリエーションは全部で18色とおしゃれなデザインも必見です。

超PayPay祭!ポイント最大23.5%戻ってくる!

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
rakuten.co.jp: 2023年4月11日 14:11時点 shopping.yahoo.co.jp: 2023年5月1日 17:18時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
タイプ シットオントップ
サイズ 245×114×36cm
重量 34Kg
耐荷重 200Kg
定員 1人

おすすめ商品の比較一覧表

紹介したおすすめ商品の価格や詳細情報などを比較しやすく一覧にまとめました。自分にぴったり合った商品選びの参考にしてください。
商品名 フィッシングカヤック Sherfe タンデムカヤック エクスプローラー K2 カヤック シングルカヤック カヤック 1人乗りインフレータブルカヤック ポンプ付きカヤック Betta ベッタ カヤック インフレータブル 1人乗り
商品画像
ボート55
DISCOVERY
Intex
SK-V
雑貨の国のアリス
INTEX
キャプテンスタッグ
AQUAMARINA
最安価格
特徴 釣り好きに嬉しいコンパクトカヤック 2~3人乗りのタンデムカヤック デートや親子でのレジャーに最適! 海でも川でも楽しめるカヤック 湖のアクティビティにぴったり 初心者でも購入しやすい手ごろな価格が魅力 持ち運びに便利なキャリーバッグ付き カヤック初心者でも組み立てやすい
タイプ シットオントップ レクリエーショナル シットオントップ レクリエーショナル フォールディング インフレータブル インフレータブル インフレータブル
サイズ 245×114×36cm 370×86×40cm 312×91×51cm 271×77.5×24cm 390×60×36cm 274×76×33cm - 312×80cm
重量 34Kg 32Kg 13.4Kg 20Kg 18.56Kg 11.8kg - 9kg
耐荷重 200Kg 260Kg 160Kg 130Kg 90Kg 100kg 95kg
定員 1人 2~3人 2人 1人 1人 1人 2人 1人

楽天市場のカヤック売れ筋ランキング

楽天市場:カヤックの売れ筋ランキング>>

まとめ

今回はカヤックの選び方のポイントをはじめ、おすすめのカヤックを人気ランキング形式でご紹介しました。カヤックは川や湖、海などのレジャーを楽しむためのアイテム。まずはどんなカヤックに乗りたいかを決めておき、次に素材やサイズなどを考慮して選ぶのがカギとなります。最初はゆったりとした水面での散歩を楽しみ、慣れてきたら中流などに挑戦するのもおすすめです。本記事を参考にしながら、水のアクティビティを存分に楽しんでください。

選び方のコツをもう一度チェック!

記事の中で解説した下記のポイントを参考に、気になる商品を比較して、自分に合ったものを見つけましょう。
カヤックの選び方

※記事に掲載している商品の情報はBestOne編集部の調査結果に基づいたものになります。
※ランキングは、専門家による選び方のポイントや、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋上位商品、口コミ・検証・アンケート・価格情報等を参考にBestOne編集部にて順位付けしたものになります。
※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。

あなたにおすすめの記事
マリンスポーツメーカー(ブランド)ランキング
もっと見る